New Jersey Park

ニュージャージー側からマンハッタンの夜景を堪能!ホーボーケンの公園「マックスウェル・プレイス・パーク」

Lower Manhattan Skyline

先週末、ニュージャージーのホーボーケンまで車でドライブしてきました。その際、「マックスウェル・プレイス・パーク(Maxwell Place Park)」付近に車を止めて、マンハッタンの眺めを堪能してきました。

ホーボーケンはハドソン川のほとりにある街で、マンハッタンとはパス・トレイン(Path Train)という電車で繋がっています。

その便利なロケーションから最近はコンドミニアムがどんどん建ってて、若者を中心に人気のエリアになってます。ハドソン川を挟んでちょうど向かい側にエンパイアー・ステート・ビルディングがあるミッドタウンが見えます。

Midtown Skyline

こんな眺めが身近で楽しめるんですからね…、人気が出るのも納得です。平日にマンハッタンで働いて週末は気分を変えて少し離れた所で過ごしたい人なんかには最適なエリアだと思います。

左側をみると、アッパーウエストサイドや遠くはハーレムのエリアまで見渡せます。

Midtown Skyline

ズラリと並んだ建物の中で一際目立つ三角形の建物が「ビア・57・ウエスト(VIA 57 West)」です。世界的に有名なデンマークの建築家ビャルケ・インゲルス(Bjarke Ingels)氏が率いる「ビャルケ・インゲルス・グループ(Bjarke Ingels Group)」によって設計されました。2016年に完成した出来立てホヤホヤのコンドミニアムです。

VIA 57 West

右側に目をやると、ロウワーマンハッタンが一望できます。めちゃくちゃ美しい眺めです。

Lower Manhattan Skyline

そしてこんなユニークなビルも見ることができます。

53 Leonard St & New York By Gehry

右側の外観が波を打っているようなビルが建築界の巨匠、フランク・ゲーリー氏による「ニューヨーク・バイ・ゲーリー(New York By Gehry)」です。
そして、左側のジェンガのようなビルは「56レナード・ストリート(56 Leonard Street)」です。先日このブログでも紹介しました。

ジェンガ風外観がユニークな超高級コンドミニアム「56レナード・ストリート」
先週、ワールド・トレード・センター駅に向かって歩いていたら、トライベッカに建つ「56レナード(56 Leonard)」が目に入りました。積み木を重ねたようなユ...

もはや建物自体がアート作品のような存在感です。

Lower Manhattan Skyline

この日は午後4時30分過ぎに到着したのですが、5時をまわったあたりから徐々に陽が暮れていきました。夕暮れ時は夢のように綺麗な風景が楽しめます。

陽が落ちた後の夜景もこれまた美しい…。

Lower Manhattan Skyline

マンハッタン側から朝日が昇るのが見える早朝も、かなり綺麗だと思います。もし早起きができるようだったら、ぜひ今度は早朝に公園に来てみたいと思います。

関連記事

更新情報を
FBでお知らせします

Twitter で